BLOG

稲葉製作所イナバ物置勉強会に参加してきました!

イナバ物置勉強会に参加させていただきました。

勉強会には、今まで約5万人以上が参加されています。

株式会社 稲葉製作所(イナバ物置)は
物置やガレージオフィス家具の製作を手掛けている会社です。

いざ!イナバ物置勉強会へ!!

いざ愛知県へ!!
駅に到着すると雪が積もっていました。

勉強内容は、会社説明やカタログ説明等の座学から、
工場・イナバ物置展示場の見学、アトラクションと言う体験があり、
様々な形で勉強をさせていただきました。

商品の97%が自社による一貫生産と言う稲葉製作所。

工場見学では、稲葉製作所の方々が作業している姿や
商品が実際に作られている様子を間近で見学することが出来ました。

商品が作られるのに何工程もある中で、
各工程の担当責任者の名前や目標が掲げられており、
より緊迫感や責任感が伝わってきました。

また、全ての商品がJIS規格を上回る品質試験が行われていました。
JIS規格では、引き戸の開閉耐久性試験は1万回と決まっていますが、
稲葉製作所では2万回の試験が行われています。

ANSI(アメリカ規格協会)やDIN(ドイツ規格協会)等にも合格しているそうです。

こういった作業が安心・安全にも繋がり、お客様にも、
「やっぱりイナバ」と思われているのではないかなと思いました。

イナバ物置組み立て競争

次にアトラクションと言う体験についてです。

最初は何の体験・・・?と疑問に思いましたが、
イナバ物置の組み立て体験のことでした!!

8人1チームで4工程に分かれ、
稲葉製作所のスタッフ1人の方に
教えてもらいながら組み立てていきます。

でもただ組み立てるのではありません!

9人で組み立てるのと、稲葉製作所のスタッフの方1人で組み立てるのと
どちらが早く組み立てることができるか勝負です!

 

私は第2工程で壁と屋根を組み立てました。

初めての組み立てで、不安と緊張がありましたが、
ペアになってくださった方や稲葉製作所のスタッフの方が
取付しやすいように押さえてくださり、組み立てることが出来ました。

他のチームと稲葉製作所のスタッフの方がほぼ同時に完成でした。

結果は懇親会の時に発表され
2秒差で稲葉製作所のスタッフの方が優勝でした!

このアトラクションに参加した人は、参加賞としてライトを頂きました!

イナバ物置で記念写真

2日目は、朝起きると雪が1日目よりも積雪していました。

いつもなら20分で行ける道のりが、約2時間30分掛かり、
2日目は予定が変更になった場面がありました。

稲葉製作所に到着し体験したのは、
CMで皆様も1度は見たことがあるイナバ物置の上で記念撮影です!

今回イナバ物置勉強会に参加したのは、約70人だったので、
稲葉製作所のスタッフの方にも手伝って頂き、
本当に100人で撮影を行いました!

ピンク色のはっぴを着て1番前に座りました。
しかも、稲葉社長の隣で撮影させていただきました。

撮影をする際は、やっぱり有名なあのセリフを皆で言いました。

「やっぱりイナバ100人乗っても大丈夫!!!」

撮影した写真はファイルの表紙にして、後日郵便で送ってくださるそうです。

イナバ物置のおすすめ商品をご紹介

イナバ物置展示場で印象に残った商品は
ナイソーシスターバイク保管庫です。

ナイソーシスターは、小型物置ですが広々としている様に感じました。

「大切な物をコンパクトに」とおっしゃられていましたが、
本当にその通りで、ホース等のガーデニング資材から
キャリーバッグなど高さのある物まで収納が可能でした。

転倒防止用のバンドや落下防止のバーも装備されており、
安全にも配慮されていました。

ナイソーシスターが気になられた方、
詳細はこちらをご覧下さい。

バイク保管庫は土間タイプと床付きタイプがあります。

今までガレージや物置は
「収納スペース」と言うイメージが強かったんですが、
「趣味の為のガレージ」の存在は驚きました。

もちろん倉庫としても使用可能ですが、その他にも
ミニショップやジェットスキーの収納等も可能なんです!

バイク保管庫が気になられた方は
詳細はこちらをご覧下さい。

まとめ:イナバ物置勉強会に参加してみて

このイナバ物置勉強会で、工場見学や物置の組み立て、
カタログの説明等普段見えないこと、出来ないことを
体験させていただきました。

物置の事だけでなく、稲葉製作所の従業員の
働いている様子や、工場の中を見せていただくことで
商品の安心・安全を考慮している部分やお客様に対する
思い等、目には見えない部分も伝わってきました。

ロールプレイングでお客様への対応も
拝見させていただきましたが、
お客様の要望や疑問にも
お客様の納得がいくまで説明をし丁寧な対応をされていました。

先程も書かせていただきましたが、
商品の97%が自社による一貫生産なので、
商品の事を隅々まで理解でき、
お客様により良い物を紹介出来るのも強みと感じました。

エクスライフの社員は事務方含め全員
イナバ物置勉強会に参加したことがあります。

お気軽にご質問・ご相談ください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お庭のお手入れ自動見積シミュレーション

おすすめ商品

  1. クラッシュガラス
  2. エバーアートボード
  3. ディーズシェッド カンナ
  4. 立水栓 ウンディーヌ
  5. タイルドライト
  6. アンティークレンガ
  7. ミューテリア Mシェード
  8. エコアコールウッド

アーカイブ

ページ上部へ戻る