EXLIFE施工例

ウッドデッキを用いて変形地形のお庭が生かされたリフォームガーデン

加工性の高い天然木のウッドデッキを用いる事で
高低差、変形地形等の問題をうまく解消し、
スペースが最大限に生かされたウッドテラスとなりました。

以前に比べ抵抗感なくお庭に出る事が可能になったので、
植物の管理もし易くなり、
ガーデンライフの楽しみが広がる空間になりました。

CADによるイメージパース

2601p 2602p

リビングガーデン

テラスは三協アルミのナチュレを採用。
アルミ製品ですが、同じような色合いの木目調テラスを採用する事で、
天然木との違いも分かりづらい程の仕上がりになっています。

2622 2634 (1)

もともと緑や草花がお好きだった奥様が、
工事完成後すぐに綺麗な草花で華やかに彩ってくれました。
リフォーム後はベース色が濃茶のウッドになり、より緑が映えるようになりました。

2631 2623

もともとあったリビング前のレンガ敷きの土間や、
植木がたくさん植わっていたお庭の一角はほぼそのままの形で残し、
既存の土留めや土間等は解体をせず残す形で
ウッドデッキを施工していますので経済的にも優れた設計になっています。



2607 2609

隣地境界部には目かくしフェンスを設置しました。
同じエコアコールウッドで施工しているので一体感があります。
またフェンスの一面が緑の背景色として
視覚的にも大きな効果を発揮してくれています。

見えない部分はリフォーム前の形は残っているものの、
見える部分はほぼウッド(木材)で化粧を施しているので、
リフォーム感が感じられないような仕上がりになりました。

2616a 2613

2611 2612

ウッドデッキの高さ設定により生じたデッドスペースを利用し、
水道蛇口を設置。さらにオリジナル扉を作り、
ホースリールやガーデングッズ等が収納できるスペースとしても利用できるよう工夫しています。

2628 2633

ウッドデッキ側面部に取付した蛇口は植木の水やりの他、
洗車等にも使いやすい位置となっています。
また限られたスペースで水道を設ける必要があったので、
水栓柱等は使用せずウッドデッキの幕板部を利用して設置しました。

2618 2617

水道管の引き込み、雨どいの排水パイプ等はデッドスペースを有効に活用する事で、
全てウッドデッキの裏側に隠しています。
設計段階から細かな配慮を行った結果、実現できた見た目に綺麗な仕上がりです。

2610 2614 (1)

ガーデンシンクは、タカショーのエバーアートウッドのガーデンシンクです。
アルミ製ですが、木目調の部材を使って作られているのでテラス同様、
天然木との相性も良く、丈夫なので安心して使用できます。
敢えて明るい木目調の色をチョイスし、アクセントとなるようにしました。

2608 2620

新たなウッドデッキテラスにより、リビングからの動線が確保され、
効率よく植物の管理を行う事ができるようになりました。

またウッドデッキ上に取り付けられたテラスは日除けや雨よけに活躍してくれるので、
リビング前のお庭の利用価値が上がり、施主様にも大変喜んで頂けました。

2625 2632 (1)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お庭のお手入れ自動見積シミュレーション

おすすめ商品

  1. カクテルブロック
  2. ガーデンラウンジ ココマ
  3. タイルドライト
  4. エバーアートウッド
  5. シェードネット
  6. クラッシュガラス
  7. エコアコールウッド
  8. 埋込型LEDライト

アーカイブ

ページ上部へ戻る