BLOG

目隠しフェンスを背景に雑木林風の植栽が目を引くガーデンリフォーム【雑誌掲載】

ブティック社から出版されている、
【エクステリア&ガーデン2019春号】にエクスライフの施工例が掲載されました。

ガーデンリフォームのご依頼を頂いたK様邸は団地の中にあり、
南・西側には隣家があるため冬場は日差しが入りにくい立地でした。

K様からのご要望は、3つ。

1.隣地との境界は植物を使用して目隠しして欲しい
2.お庭がコンクリートばかりで殺風景なので、緑いっぱいにして欲しい
3.雑木っぽい植栽にして欲しい

これらのご要望に基づき、植栽の背景にくる境界フェンスは、
植物と調和しやすいダークブラウンの目隠しフェンスを採用し、
主役の緑を引き立てながらも季節を問わずに目隠し効果が保てて
優しい印象を与えてくれる空間になるよう心がけました。

少しでもコストを落とす為、フェンス下のブロック塀部分は
表に低木を植栽し、足元をカモフラージュするような計画で進めました。

フェンス板材の隙間は15mm空いているので、
圧迫感がなく風も通しも良いデザインです。
フェンスは表裏どちらから見ても綺麗な仕上がりになる
間仕切り仕様のフェンスを採用しており、
K様のご近所への優しい配慮をうかがえました。

リビング前のテラス部分の植栽は、
アオダモ、ヤマツツジ、サルスベリなどの落葉樹を中心に、
四季折々の花や紅葉を楽しむことができます。

玄関口からの視線も植栽でやわらかく目隠しを行い、
常緑樹と落葉樹を寄せて2株植えているので、落葉した後も
完全に目隠しが失われない植栽デザインになっています。

■雑誌掲載の施工例はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お庭のお手入れ自動見積シミュレーション

おすすめ商品

  1. カーポート マイポート
  2. 埋込型LEDライト
  3. クラッシュガラス
  4. エバーアートウッド
  5. ガーデンラウンジ ココマ
  6. タイルドライト
  7. エバーアートボード
  8. ディーズシェッド カンナ

アーカイブ

ページ上部へ戻る