EXLIFE施工例

見えない部分の設計に注視して生活環境を大幅に変えたエクステリア&ガーデンリフォーム

水道や排水の経路、素材選択に注視して設計を行う事で、
安全衛生面で将来的に安心できる施工内容となりました。
建物外周の全てを舗装する際には、
勾配設定や動線に準じて段差ができないよう配慮し、
ゆとりあるガーデンライフを楽しむ事ができます。

CADによるイメージパース

14zumen_p1 14zumen_p2

樹木伐採・境界ブロック&フェンス



境界ブロック塀を越えて生え茂っていた植木を全て伐採撤去して、
縦スリットの入ったアルミフェンスを施工。
圧迫感がなくなり、柔らかな目かくしで防犯効果も高まりました。

玄関まわり・車庫まわり



アプローチから中庭に掛けて植わっていたたくさんの常緑樹がなくなって、
風と光りが行き交う、明るくゆとりある空間へと大変身。

1427 1433

ヒートアイランド現象や日差しの照り返しを最低限に妨げる為に、
舗装材の選択にもこだわりました。
カーポートの屋根材は熱線遮断ポリカを使用している為、
夏場の日除けにも一役かってくれます。
お庭のリフォームをきっかけに玄関灯とポストも一新。
玄関灯は人感センサータイプで、利便性と省エネに貢献してくれます。
ポストはダイヤル錠付のディーズガーデンのディーズポスト・クレアを
アウトレットにてご提供させて頂きました。

1422 1431



リフォームを機会に植木や草花の配分を考え直して舗装面を拡張した結果、
玄関前も奥行き感のあるスペースを取り戻しました。

中庭・坪庭



雨天後は水はけが悪く湿った状態が多かった床面は、
排水設備を施しただけでなく、段差がないフラット動線を考慮した舗装設計に。
花壇のシマトネリコは、アプローチから見える洗濯干し場の
目隠しも兼用したレイアウトになっています。

1428 1429

レンガを使用したインターロッキング舗装は、
焼成レンガ独特の味のある焼きムラが印象的。
中庭には車を余分に1台駐車できるよう、スーパーガンコマサを施工。
コンクリートに比べ自然な仕上がりで、夏場の照り返しも抑制できます。
中庭と家庭菜園スペースの境界部に小さな和風の坪庭を作庭しました。
景石やつくばい、一部の下草類は、施主様のご希望で元から在ったものをリユースしました。

1421 1432

排水・配管・水道

境界部にある側溝と雨どいの排水がうまく働いていない状態だったので、
勾配を取り直して配水管を増設する事に加え、
雨水量を試算した排水の振り分けを行いました。

1406 1405

雨天後は水溜りができる程排水が悪い状態だったので、
タメマスを数箇所に設置しながら、あらゆる場所からの排水路を確保しました。

1426 1407

水道蛇口は、上水道と井戸水の2種類を設置。
井戸水は高馬力の自動ポンプ式なので、
特に夏場は広い畑の水遣りに 重宝する事でしょう。

1420 1425

裏庭・犬走り・防草

裏庭の花壇スペースは、笹やどくだみが隙間なく埋め尽くしていて、
管理が追いつかない状態となっていました。
植木の足元をガンコマサで仕切ってあげる事で、
防草と合わせて簡単な草木のレイアウトを組んであげ、
笹等の下草類の成長を誘導するようにしました。

車進入の妨げになっていた石垣を一部取り崩して広さを確保しました。
また裏に通じる犬走りの部分も、土の上に転がされていた水道管を埋設して、ガンコマサで防草対策。



犬走りにあるタメマスや水栓ボックスまわりも高さを調整して、ガンコマサでスッキリと。

家庭菜園

1415 1416

畑土を搬入して家庭菜園が楽しめるスペースを作りました。
コーナーにあるおおきな石は、元々沓脱石として使用していた石を
ベンチ代わりにと再利用したもので、
畑仕事の合間に腰掛けてひと休みする事ができます。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お庭のお手入れ自動見積シミュレーション

おすすめ商品

  1. 立水栓 ウンディーヌ
  2. ミューテリア Mシェード
  3. タンモクウッド
  4. ディーズシェッド カンナ
  5. クラッシュガラス
  6. アンティークレンガ
  7. ガーデンラウンジ ココマ
  8. エバーアートウッド

アーカイブ

ページ上部へ戻る