EXLIFE施工例

ヨーロピアンスタイルのクラシックな門周りに雑木の庭が融合したガーデン

レンガの角門柱を基調としたクラシックなエクステリアが迎えてくれる門を一歩くぐると、地元の山から採取してきた岩石を多用した雑木の庭が迎えてくれます。広い庭なのでローメンテナンスも考慮しダイカンドラで緑化しました。

CADによるイメージパース

2201

フロントガーデン



フロントガーデンはセミクローズドスタイルにてデザイン。植物がフォーカルポイントとなり自然的にプライバシー空間を演出。

2227 2233

東洋工業のグラヴィブリックを使用したレンガの角門柱を基調としたクラシックな門周りと境界の塀が存在感を示す中、表からも随所に雑木の庭の雰囲気が感じられる空間づくりとなっています。

2236 2220

構造物(ハード)と植物(ソフト)が適度に納まる事で、雑木の庭とヨーロピアンスタイルのエクステリアがうまく調和しました。

2208 2209

敷地状況が変形地形の為、カーポートをするにあたって車の出し入れを心配されていましたが、悩みを解消してくれたのは三協アルミの「4Gワイド」。後ろに2本足だけという特殊なカーポートで、駐車時奥行きのない場合等に活躍してくれます。今回の現場にはピッタリで一発で採用が決まりました。



フェンスは三協アルミのアルミ鋳物製フェンス、プロヴァンス2型を採用。シンプルなデザインで高級感を高めてくれます。
塀沿いに植えた様々な植物が季節を変えてフェンスの隙間から顔を出し、道を行き交う人々を和ませてくれます。(右下:ブッドレア)

2229 2207

門周り・アプローチ

2214 2215

地元の山で採ってきた岩石を様々な場所に使用し、雑木の庭にふさわしい、より自然的な景観になるよう演出しました。
アプローチは・・・職人が手間を掛けて、厚みのまったく異なる石を一枚一枚貼り合わせて仕上げた傑作です。アプローチ全体に重厚感がありながらも、ダイカンドラで緑化する事で柔らかいナチュラルな仕上がりへと変貌しました。

2212 2213

門柱内にあるスリットフェンスは、ディーズガーデンのアールフィックスフェンス。
表札のあるアクセントポールは、ディーズガーデンのディーズデコシリーズの(ファンクション)ティンバー。リアルな木目調でできているので本物に近く、FRP素材なので高い耐久性のあるデコレーションアイテムです。

2221 2226 2224 2230

ポストはフェンス等との統一感のある独立ポールを利用し、使い勝手も考え玄関前に設置しました。
モダンの中にもナチュラル感を感じられるポストは、ディーズポストのコレット。今回のデザインコンセプトに見合ったポストで周りの空間ともうまく調和がとれました。
施主様専用の通路として駐車場~玄関のアプローチには備前のアンティークレンガ(景観用耐火レンガ)を使用。 今回使用した少しグレーがかった色あいのレンガは通常の流通では手に入らないまさにオンリーワンの逸品です。

2223 2217

中庭・リビングガーデン

2231 2225

リビングから見える景色は遠くに見える山々を借景にとった奥行感のある景観。
アプローチや景石等と同じ場所で採取してきた拳くらいの石頃を利用して川の流れを表現しました。

2237 2228

山の谷あいから湧き出てくる水を石の動きとして表現し、同時に実際に2か所ある中庭の排水の抜け道先としての役割も果たしています。

2239 2240

リビング前のウッドデッキはアイアンウッド製の縁側的な存在。デッキ下には石を敷き並べて、川床に浮かぶ橋のようなイメージに。
時には玄関への通路として、時には庭を眺めるベンチとして小さいながらも存在感があります。

2235 2238

今回植栽した樹種は数多く・・・アオダモ、モミジ、ヒトツバダコ、コナラ、ソロ、ジューンベリー、シラカシ、アラカシ、シマトネリコ、ミツバツツジ、シロヤマブキ、フッキソウ、ブッドレア、キチジョウソウ、アガパンサス、アジュガ、ヒューケラ、シュウメイギク、ホスタ、ヤブラン、アスチルベ、チャセンシダ、コクリュウ、セキショウ、ジャノヒゲ、フィリフィラオーレア・・・雑木の庭という事もありローメンテナンスを意識した植栽設計になりました。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お庭のお手入れ自動見積シミュレーション

おすすめ商品

  1. エバーアートウッド
  2. タイルドライト
  3. シェードネット
  4. タンモクウッド
  5. エコアコールウッド
  6. ディーズシェッド カンナ
  7. 埋込型LEDライト
  8. クラッシュガラス

アーカイブ

ページ上部へ戻る