EXLIFE施工例

MATスプレーの舗装ペイントを基調にメンテナンスフリーのお庭にリフォーム

和気町にお住いのA様より、
「とくにかく草取りから解放されたい」との
ご相談を元に、全体的な
庭のリフォームを行いました。
リフォームに伴い、
老朽化したウッドデッキの撤去も行い、
お庭全体の高さを見直し、
排水の事も考えながら舗装をデザインしました。

駐車場兼アプローチはアスファルトで舗装し、
乱形石風のマットスプレーで洋風の雰囲気を演出。
更に、玄関まわりも自然石の質感を表現した
舗装材で仕上げて一体感を持たせました。
主庭は、防草シートの上に
ナチュラルな化粧砂利を敷いて
管理が楽な洋風ガーデンに仕上げました。

CADによるイメージパース

敷地が広い為広範囲に掛けて
舗装と防草対策を行う必要があったので
コストバランスを重視した設計デザインを行いました。
アスファルト舗装を採用する事で、
舗装面のコストを抑えつつ、
駐車面やアプローチのみ
素材を変えたり装飾を施し
全体デザインとコストのバランスを考慮しました。

既設のカーポート屋根下に設置した
LEDバーのライトも見所ポイントの一つです。

 

駐車場兼アプローチ

アスファルト舗装



道路を背にして建つA様邸。
道路から敷地に入ってすぐのスペースは
砂利敷きの駐車場兼アプローチでしたが、
車を旋回する際には、砂利がよれて歩きづらくなったり
轍(わだち)ができて景観を損ねる為、
アスファルト舗装へとリフォームしました。

アスファルトと聞くと、お庭に取り入れる
イメージがあまりない方もいるかと思いますが、
お店や公共施設などでは1番使われている舗装材で、
実はメリットもたくさんあります。

アスファルト舗装のメリットとして、
雑草が生えないという利点もありますが、
加えて
費用の安さも挙げられます。

コンクリート、レンガ、タイルといった
舗装材と比べて費用を抑えることができるため、
ある程度広さのある駐車場などを
低予算で舗装したい場合にはアスファルトも
選択肢の一つとしてご提案させて頂いています。

アスファルトは他にも、
・静音性が高い
・水はけが良い
・施工期間が短い
・補修が簡単 など
機能性やメンテナンス性にも優れています。

MAT(マット)スプレー

A様邸ではアスファルト舗装の面積が広く
暗い印象を受けるため、アスファルト舗装後に
マットスプレーというデザイン舗装を行い、
お洒落な駐車場兼アプローチに仕上げました。

MAT(マット)スプレーは、コンクリートや
アスファルトにスプレーで塗料を吹き付けて
デザイン性のある床面を表現する工法で、
見た目がお洒落になるだけでなく
防滑性にも優れている
ため、人がよく通る
カーポートから玄関にかけても施工を行いました。

模様は内側に乱形石貼りのような
ブッシュロックをチョイス、
縁取りには、
コブルエッジというパターンを使用しています。

施工の際は、ステンシル目地を床面に貼り
ホッパーガンで塗料(ネタ材)を吹き付けていきます。
塗料は床面の上に2〜3mmほどの厚みになるよう
施工するため凹凸が生じ、立体感が出て
本当に石を敷いているように見えるようになります。
(初めて見る人は半数以上の方が本物と間違われます。※弊社実績)

汚れて古びて見える土間コンクリートやアスファルト舗装に
マットスプレーだけお願いしたいということも可能です。
(※床面が傷んでいる場合は別途、補修工事が必要になります)

A様邸ではティント着色という手法も取り入れました。
刷毛を使って部分的に色を加えていく作業で、
より表情豊かな舗装にすることができます。

一般住宅でアスファルトがあまり選ばれない理由として・・・
・濃いグレーの色が地味で暗い印象になる
・夏は表面温度が上昇する
など、見た目や暑さが原因で避けられる傾向が強いといえます。

しかし!

エクスライフが取り扱い、施工している
株式会社MATマットスプレーは、
アスファルトにも施工できる唯一の
景観舗装ですので、
暗い印象になりがちなアスファルトのお庭を
お住いの雰囲気に合わせてお洒落な空間に
生まれ変わらすことができます!

【マットスプレーの詳細はこちら】

玄関まわり

舗装



玄関まわりはハーフティンバー風の住宅に合わせて
黒いレンガで丸く縁取りを行い、
東洋工業カルムストーンという
自然石ライムストーンの質感をコンクリートで表現した
舗装材で乱貼り風の床に仕上げました。

カルムストーンは写真のように舗装材に
乱形のランダム模様(目地)が施されており、
決められた敷設パターンに沿ってランダム模様を
敷設するだけで簡単に乱貼りを表現でき、
自然石の乱形石貼りより工期を短縮して
費用も抑えることができます。

A様邸では目地材に雑草アタックαという
透水性自然土固化防草材を使いました。
目地部分にセメントを使わないことで
柔らかな土の風合いになるよう工夫しています。

ウッドデッキを撤去した掃き出し窓の前は
園路として、玄関まわりと同じ意匠の
カルムペイブという方形の舗装材を使用して
インターロッキング舗装で仕上げました。

カルムストーンとカルムペイブは
カラー展開が同じなため、どちらも
カルムオレンジを使用して統一感を持たせました。

濡れると色が濃くなり、模様がはっきりと見えるので
晴れの日と雨の日で違った表情を楽しむことができます。

植栽

玄関まわりにはアイポイントとなる
植栽を行いました。玄関前の植栽スペースは
黒いレンガで縁取りを行い、
アオダモやヒメユズリハ、
斑入りギンバイカ、シランなど、
常緑樹をメインに目かくしも兼用しつつ
季節感も感じれる草木を植えました。

道路から見える建物の東側には
お庭を華やかにする円形のレンガ花壇を造作して、
アオダモやモミジ、ヤマツツジやサツキ、
クリスマスローズなどを植栽しています。

レンガ花壇には、植栽のライトアップ兼
足元を照らす照明としてタカショー
エクスレッズポールライト1型を設置しました。

主庭



リフォーム前の主庭は、
雑草対策がされておらず管理が大変なうえ、
水はけが悪く、雨の日には
大きな水たまりができていました。

その為、お庭全体のレベル(高さ)調整を行い
防草シートでしっかりと雑草対策を行ってから
エクシスランドナチュラルチップ まき砂利という
自然石の化粧砂利を敷いて
水はけのよい主庭にリフォームしました。

ゲリラ豪雨が訪れても、
水たまりはひとつもできる事なく
排水性は格段に良くなりました。

エクスライフで使用している防草シートは、
高品質で雑草抑制効果の高い
ザバーン®防草シートを使用しています。

ザバーン®防草シートは雑草の抑制効果だけでなく、
水はけ効果砂利の沈下防止効果などもあり、
雨や歩行による砂利の沈下を
防止してくれるため
砂利を補充するメンテナンスの
手間や費用を削減することができます。

ナチュラルチップ まき砂利は、写真のように
色ムラのある明るいベージュ系のカラーで、
洋風ガーデンとの相性もぴったりの化粧砂利です。

A様邸では管理が楽になる事を目指して
庭リフォームの相談がスタートしましたが・・・
管理が楽なだけではなく、
やはりお洒落にも仕上げなくてはなりません。

特に広いお庭の場合、
雑草対策を行なっていないと
草抜きなどのお手入れが追いつかず
夏はあっという間に荒れてしまいます・・・

リフォームの際には、
デザイン面はもちろん管理面にも考慮し、
コストを掛ける所と掛けない所を明確して
将来的にも後悔しない素敵なお庭を考えましょう!

エクスライフのスタッフブログ、
「夏までに進めたいお庭の雑草対策の選択肢と選び方」では、
雑草対策ができる舗装材について詳しくご紹介していますので、
舗装選びの参考に、是非お読みいただければと思います。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お庭のお手入れ自動見積シミュレーション

おすすめ商品

  1. 埋込型LEDライト
  2. タイルドライト
  3. カクテルブロック
  4. タンモクウッド
  5. ミューテリア Mシェード
  6. エコアコールウッド
  7. シェードネット
  8. ガーデンラウンジ ココマ

アーカイブ

ページ上部へ戻る