BLOG

造園デザイン科で学んできたこと!

インターハイ装飾

こんにちは。エクスライフ新入社員の片山 知香です。
若さ、元気さを強みに頑張っていきたいと思います!

岡山県立興陽高等学校 造園デザイン科出身で、
部活動は卓球部に所属していました。
中国大会にも出場し、休日も少なかったので
体力には自信があります!
また、カットマンという守備型戦型だったので
粘り強さ、忍耐力にも自信があります!

授業のほうでは、造園や農業、測量などの
座学や、樹木の剪定や草花の実習も行ってきました。
剪定では、ヒラドツツジやネズミモチ、ウバメガシ、
カイヅカイブキ、マツなど校内にある様々な樹木を
剪定してきました。
また造園デザイン科は園を造るということだけでなく
除草作業や庭の掃除も行ってきました。

3年生から始まる類型では生活環境類型を選択し、
コサージュやフラワーアレンジメント作り、草花について
多く学んできました。この写真のコサージュは実際に自分で
デザインして作成したものです。

コサージュコサージュコサージュ
実際にフラワーアレンジメントの講習も受けクレセントという形にも
挑戦しました!こんなにも大きいアレンジメントは、
初めての取り組みでした。
隣のぬいぐるみと比べてもとても大きいと感じますよね!

フラワーアレンジメントクレセント
深山公園で行った制作展という取り組みではカーネーションで
プードルを作成しました。
アレンジメント教室も開き、私たちが先生となり、
たくさんのお客様と一緒にプードルを製作しました。
ピンクや赤、黄色や黄緑の様々な色の
かわいいカーネーションプードルはとても華やかでした!

カーネーションプードル
農マル園芸の寄せ植えコンテスト、寄せ植え甲子園にも参加しました。
決められた予算の中でテーマに沿って寄せ植えをします。
この写真も私が実際に作ったものです。
1枚目は母の日をテーマに仕上げ最優秀賞をいただきました。
2枚目は私が作った寄せ植えの絵です。
これは、パンジー、ビオラを使うテーマで、優秀賞をいただきました。
2作品とも入賞をして持って帰ることができ母と祖母にプレゼントしました。

農マル園芸寄せ植えコンテスト 農マル園芸寄せ植え 絵
これは岡山県のジップアリーナで行われた
インターハイに向けて装飾を行っている様子です。
ベゴニアやリュウノヒゲ、タマリュウなどの植物を用いて
インターハイマークと「美しく咲け」の文字を描きました。
選手やお客様が足をとめて写真を撮ってくださっていて、
とても嬉しかったです。

インターハイ装飾準備

インターハイ装飾
ピュアリティまきびで正月飾りの作成を取り組みました。
今回の作品は、桃太郎の舞台をテーマに友達がデザインし、準備に取り組んできました。
桃から生まれた桃太郎が家来を従えて、鬼ヶ島へ向かう。
そんなストーリーを感じるような作品となりました。
昨年や一昨年は、瀬戸大橋や後楽園をイメージとした作品を
先輩方が仕上げています。

ピュアリティまきび装飾
他にも類型の関係で私は携わることができませんでしたが、
造園施工管理類型や造園工学類型では、
ターシャ・トゥーダー展や慈恵病院での取り組みも
行っていました。また、バリアフリーの講習を受けたり、
デザインコンクールに出場したりと
どの類型も内容の濃い取り組みを行っていました。

ターシャ・トゥーダー展 慈恵病院
造園デザイン科38人で1年生の文化祭のときは、光悦寺垣という竹垣を作成し、
最優秀賞をいただきました。

2年生では世界らん展に出場しました。東京ドームで「市中の隠」を作成し、
奨励賞をいただきました。
1枚目が試作品で、2枚目は実際に東京ドームで作成したものです。

世界らん展試作品 世界らん展完成品
3年生では校歌碑を作成しました。
今年で100周年を迎えた岡山県立興陽高等学校。
100周年にふさわしい校歌碑ができたと思います。

まだまだ分からないことばかりで、学ぶことが
多いですが、学んできたことはしっかりと活かし、
教えてもらったことは吸収していきたいと思います。
ゆくゆくは庭のデザインも描いていくことに
なるので、立面図や製図も描けるように
挑戦していきたいと思っています!

最後まで見てくださり、ありがとうございました!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お庭のお手入れ自動見積シミュレーション

おすすめ商品

  1. エコアコールウッド
  2. 立水栓 ウンディーヌ
  3. シェードネット
  4. ガーデンラウンジ ココマ
  5. エバーアートボード
  6. タイルドライト
  7. クラッシュガラス
  8. ミューテリア Mシェード

アーカイブ

ページ上部へ戻る