EXLIFE施工例

リクシルのプラスGユニットと多彩な植栽で緑あふれるスタイリッシュなお庭

二世帯が同居されている赤磐市のM様より、
ガーデンリフォームのご依頼をいただきました。
新築時に最低限の外構のみされていて、
数年間生活された後に、
お庭全体のトータルプランニングの相談を頂きました。
小さなお子様もいらっしゃるため、
お子様の遊び場にもなり、家族みんなが楽しめる
植物で彩られたナチュラルなお庭をご提案。

門まわりにはモダン住宅に合わせたスタイリッシュな
プラスGユニットを大胆に取り入れながらも、
植栽の緑で金属の質感を和らげ、
樹や草花に包まれた緑豊かなお庭を完成させました。

CADによるイメージパース

敷地に面する向かいの道路はちょうど道が交わる三差路になっており、
あらゆる角度からの視線が集まる環境でした。
そこで生活動線はもちろん外部からの視線も気にしつつ、
プラスGユニットを活用してゾーニングを行いました。
しっかりと目かくしが担保されていながらも、
閉塞感を感じさせないデザイン設計とし、
植物も多く取り入れ、うまく配植する事で金属感を低減させ、
スタイリッシュでありながらも温かさを感じられる仕上がりにしています。

また既存の外構(門柱、土間コン、タイルテラス)とのバランスも配慮しながら、
ラインや製品(商材)を選択する必要がありましたが・・・
後付けで引っ付けたようなデザインにならぬような設計を心掛けた結果、
最初から一緒に外構を行ったような仕上がりになっているかと思います。

門まわり





門まわりは既存の門袖をそのまま活かす形で残し、
リクシル(LIXIL)プラスGを新たに設置。
Gフレームでお庭を立体的な空間として間取り、
目隠しとなるGスクリーン、
屋根のGルーフを組み合わせて
暮らしやすさとデザイン性を両立させた門まわりに仕上げました。

プラスGユニット

プラスGは骨組みとなるGフレーム
目隠しや間仕切りとなるGスクリーン
日除け・雨除けとなるGルーフを組み合わせて
敷地全体をデザインするユニット製品で、
目的に合わせて多彩なアイテムを組み合わせる事ができます。

今回は目の前の道路からの視線対策として、
Gスクリーンの縦格子タイプを採用。
斜め方向からの視線はしっかりと遮りつつ、
縦格子のほどよい見え隠れで圧迫感を和らげました。
広いお庭全体の通風もしっかりと確保でき、
柔らかに目線や日差しも遮る事ができるので、
今回のお宅には最適なアイテムでした。

玄関前にはGルーフのテラスタイプを設置し、
雨で濡れて滑りやすくなる階段を
テラス屋根でカバーしています。

テラス

玄関の南側にあるリビング前のテラスは、
規格品のテラスでは該当する製品が無かったので、
オリジナル設計にてテラス屋根を設置。
既製品の組み合わせではありませんが、
違和感なく納まるよう設計段階より注力しました。

今回のテラスはGフレームに一般的なテラス屋根を組み合わせたもので、
プラスGユニットと一体感を感じられるオリジナル設計のテラスです。

西向きに建つM様邸は強い西日が部屋まで入り込む為、
タカショーロープ式開閉シェードを取り付けました。
このシェードは紫外線を約90%カットしながら
暑さの原因となる赤外線も和らげてくれるので、
直射日光を遮り、程よい明るさで快適に過ごせます。

シェードの開閉はロープを引っ張るだけの簡単操作なので、
季節や時間に応じて手軽に活用することが可能です。
テラスとシェードの組み合わせもオリジナル設計です。
本来であれば異なるメーカーの商品を一緒に使用する事は少ないですが、
寸法や色あい等を事前に調査し設計を行う事で違和感なく納まっています。

門袖

既存の門袖はシンプルなデザインだった為、
オンリーワン凹凸モザイクでアクセントを加え、
装いを新たにしました。

アプローチ・中庭

アプローチ・園路・中庭の舗装には、
ユニソンカッシアというコンクリート製の舗装材を使用。
インターロッキング舗装で施工しました。
カッシアは石英岩の質感を写し取っており、
天然石のような雰囲気を手軽に楽しめます。

中庭には野菜などを植えられる
ベジタブルガーデンを設け、お子様と一緒に
家庭菜園を楽しんでいただけるようにしました。

駐車場



駐車場は車を止める際に妨げとなる
既存のコンクリートブロックを一部解体撤去し、
コンクリートで舗装。
既存の土間コンクリートのラインに合わせ、
新たに設けた円形のデザインの中に
車の転回と駐車ができるような空間をつくりました。

円形のコンクリート土間とその外側は、
エクシスランドサンドキューブで縁取り装飾しました。

植栽

【植栽後すぐの状態】

植栽は常緑ヤマボウシ、シマトリネコ、アオダモ 、
シラカシ、ハナミズキ、ジューンベリーなどの高木樹と、
ニューサイラン、ヒューケラ、ヒペリカム、
ヤブラン、ビルベリー、キボウシなどの下草を組み合わせ、
グランドカバーには天然芝を張りました。

【植栽から10ヶ月後の状態】

10月中旬に植栽を行った為、施工後すぐは
落葉樹の葉が落ちて少し寂しい印象に見えますが、
夏には葉が茂るので目隠しの役割に加えて、
直射日光を遮り、快適な住いづくりに役立ちます。
(冬は葉が落ちるので暖かい日差しを取り込めます)

また、天然芝は表面温度が熱くなりにくいので、
お子様の遊び場としても活躍してくれますよ。

物置

物置は敷地の北側にベーシックなデザインの、
イナバ物置ネクスタを設置。
扉は両側に引き分けるタイプで間口の約半分が開き、
大きな物の出し入れもスムーズに行えます。

設置の際には、物置の下に防草シートを敷き、
転倒防止工事も行いました。
台風や地震に備えて、転倒防止工事は必ず行いましょう!

頑丈で耐久性の高いイナバ物置も人気ですが、
最近ではデザイン性の高いオシャレな物置も多数発売されています。
オシャレ物置や物置を選ぶ際のポイントについては、
以下のブログで詳しくご紹介しておりますのでこちらも是非ご覧ください。
↓↓↓↓↓↓

ライティング

M様邸の周辺は街灯が少なく、
夜になると足元がはっきり見えなくなるほど暗くなる為、
ガーデンライトの設置もご提案しました。
庭照明は単に転倒事故防止や防犯としてだけでなく、
ライトアップされて浮かび上がる幻想的な樹木の姿を
室内やテラスから眺めて楽しむという目的もあります。

ライティングにはタカショーのガーデンライトを採用。
Gフレームにはミニフラットライトを取り付け、
植物を下からライトアップする照明には
ガーデンアップライト4型パワーLEDアップライト
パワーLEDスイングアップライトなどを使用しました。

リビング前のテラスにもタカショーの
スイングLEDバー60cmを取り付けているので、
過ごしやすい季節にはテラスにイスやテーブルを置き、
アウトドアリビングでゆっくりと過ごす事ができます。

M様邸ではプラスGをダイナミックに繋げた圧巻の門まわりに、
植栽を施しナチュラルな雰囲気をプラス。
プライバシーを確保しながらも「青空の下の心地よい開放感」、
「緑やそよ風に包まれる爽快さ」を感じられる
ナチュラルなお庭が完成しました。

プラスGは近年人気のモダン住宅はもちろん、
和洋問わず様々な住宅スタイルにもマッチし、
多彩なアイテムを自由に組み合わせて
各家庭の住環境、要望に応じた多様なプランをご提案できます。
エクスライフではM様邸以外にも、
プラスGを設置した事例をご紹介しておりますので、
以下の施工事例も併せてお読み頂ければと思います。

【平屋建て和風モダン住宅の新築外構】

愛犬も一緒に憩えるプライベートガーデン

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お庭のお手入れ自動見積シミュレーション

おすすめ商品

  1. エバーアートウッド
  2. タンモクウッド
  3. ミューテリア Mシェード
  4. 埋込型LEDライト
  5. エバーアートボード
  6. カクテルブロック
  7. タイルドライト
  8. 立水栓 ウンディーヌ

アーカイブ

ページ上部へ戻る