EXLIFE施工例

MATスタンプコンクリート舗装を生活動線のデザインに反映したエクステリア&ガーデンリフォーム

ベージュの外壁にレンガ調のアクセントが入った
ナチュラルでかわいい洋風住宅のH様邸。

外構もお住いのイメージに合わせて・・・
自然石風のMATスタンプコンクリート、化粧砂利、
ウッドデッキ、木調テラス、植栽など、
ナチュラルライクなアイテムで自然な雰囲気を演出。
ディーズガーデンの可愛い物置でアクセントを加え、
ナチュラルでお洒落な洋風ガーデンが完成しました。

CADによるイメージパース

今回のプランでは全体的にコンクリートで舗装を行う為、
元々全面土の状態の時と勾配レベルを大きく変えて、
排水をしっかりとれるよう配慮しました。

キッチン・リビング・ダイニングのある
お部屋の掃き出し窓の前には、
テラス屋根とウッドデッキを作り
小さいお子様が目の届く範囲で出入りし、
遊べる動線を確保しました。
また、敷地の進入路入口となる部分と
掃き出し窓が向かい合っているので、
植栽を施し柔らかな目かくしの役割を担うよう設計しました。

敷地形状の関係から、
カーポートは縦列タイプを選択しましたが、
前方に車が停車中でも奥側の車が出入りできる
最低限の通路幅を確保し、
利便性を失わないデザインとしています。
上記の動線をさりげなく土間舗装に、
MATスタンプコンクリートデザインへと反映させています。

アプローチ・駐車場



新築後、外構工事を先送りされていたH様。
徐々に草が増え、管理が大変になってきた事もあり、
外構工事をして住環境を整えたいと工事のご依頼を頂きました。

H様邸ではお庭のお手入れを最低限に抑えた、
ローメンテナンスのお庭をご提案。
ファサードは曲線の草目地や植栽、
MATスタンプで見た目の美しさにもこだわりつつ、
生活動線のデザインにもつながる形で、
アプローチと駐車場の土間舗装を仕上げました。

アプローチ

アプローチには、景観コンクリート舗装の
MATスタンプコンクリートを採用。
カラーはナチュラルなクリーム+コーヒーブラウンで、
自然石のような風合いを楽しめる
シームレス(岩肌)というパターンで施工しました。

目地は流れるような曲線デザインで、目地に蒔いた
ダイカンドラが生えてくると緑が綺麗な草目地となります。

MATスタンプコンクリートはコンクリートを打設後、
固まる前に着色を施し、模様となる型を押し付けて
他の素材そっくりに仕上げる工法で、
自然石や木の自然な風合いをそのまま美しく表現する事ができます。

株式会社MATのMATスタンプは劣化が非常に少なく、
一般的な外壁塗装が5〜10年で塗り替えが必要なのに比べ、
MATスタンプコンクリートは10年程度経過しても
塗り替えが必要なほど色褪せてしまう事はありません。
※3〜5年に1度、表面保護材を再塗布すれば初期の状態に戻ります。

株式会社MATのマットスタンプコンクリートについて詳しくは、
「本物よりもリアル?!目からウロコのマットスタンプコンクリートの世界」をご確認下さい。
↓↓↓↓↓↓

 

H様邸は玄関が奥側にあり、玄関へと向かう際、
お部屋の前を通るような導線となっている為、
アプローチ沿いには植栽スペースを設け、
植栽を使った自然な目隠しを行いました。

また、夜間に足元を照らす照明として、
タカショーガーデンスプレッドライト4型
ガーデンパスライト1型も設置させていただきました。

駐車場

駐車スペースには車2台を縦列駐車できる、
三協アルミのカーポートを設置。
床はアプローチとの区切りを明確化するため、
通常の土間コンクリートで仕上げました。

カーポートは幅広い敷地対応力が魅力のセルフィで、
奥行2連結タイプをセレクト。
屋根パネルは車内温度の上昇を和らげる
熱線遮断ポリカに変更していますので、
夏でも快適に車をお使いいただく事が可能です。

自転車置き場も欲しいとの事でしたが、
サイクルポートは使用用途が限られてしまうため、
奥行寸法が最も長いサイズを設置する事で、
車2台プラス自転車も止められるようにしました。

テラス・ウッドデッキ



リビングの前には住空間を快適にする、
テラス付きのウッドデッキを新設。
テラスは日差しや雨の降り込みをしっかりと遮り、
ウッドデッキは室内と庭を繋ぐアイテムとして活躍します。
デッキ前にはちょうど室内外の目線となる場所に
常緑ヤマボウシを植栽し、
室内からの景観性高上、外からの目かくしの
両方の役割を担うよう配慮しています。

テラス

テラスは三協アルミの木目調テラス、ナチュレNを設置。
ナチュレNは木組み感のあるナチュラルなデザインで、
2階に設置された既存テラスが白色のため、
爽やかな白色の木目調で統一感を持たせました。

軒が狭い住宅外観は、近年人気のデザインですが…
・雨が降り込みやすい
・強い日差しでに室内が日焼けする
などのデメリットも挙げられます。

三協アルミのテラスは雨よけ・日よけとしての機能はもちろん、
紫外線をほぼ100%カットする屋根材が使われており、
紫外線による室内の日焼けも防ぐ事もできますので、
軒ゼロ住宅にお住いの方で雨の降り込みや日差しにお困りの方は、
テラス設置を検討されてみてはいかがでしょうか。

ウッドデッキ

ウッドデッキには耐候性・耐久性・メンテナンス性に優れた、
三協アルミ人工木デッキ ひとと木2を使用。
床板は木粉を配合した温もりのある柔らかな木質感で、
経年劣化による変色や色あせが少ないので美しい状態を長く保てます。

日頃のお手入れは、汚れがついた時に
水で濡らした布やスポンジ、デッキブラシなどを使って
洗い流すだけでいいので、お手入れの手間もかかりません。

物置・ポスト

物置は、ナチュラルでかわいい洋風住宅にぴったりの
ディーズガーデンディーズシェッドカンナを設置。
見ても楽しめるオシャレ物置は敢えて見える位置に配置し、
お庭のアクセント(アイポイント)として利用しました。

ポストはディーズガーデンPouch(ポーチ)という
テラコッタ風メールボックスをセレクト。
住まいの顔となる玄関まわりにデザイン性の高い
ディーズガーデンの物置やポストを設置することで、
玄関まわりを華やかに彩りました。

ディーズガーデンの魅力については、
「プロのガーデンデザイナーも魅了するディーズガーデンの世界」
で詳しくご紹介しています。
↓↓↓↓↓↓

 

犬走り





犬走り(建物の周囲)も管理がしやすいよう、
防草シート+化粧砂利・砕石で舗装。
物置やテラス周辺の目立つ所には見栄えの良い
エクシスランドナチュラルチップ まき砂利を敷き、
目につきにくい場所は砕石を敷いて仕上げました。

化粧砂利や砕石の下には、雑草抑制効果の高い
ザバーン®防草シートを敷いて雑草対策を行っており、
化粧砂利と砕石の境界にはそれぞれの石が混ざらないよう、
見切り材を設置しています。

H様邸ではローメンテナンスのお庭ということで、
雑草が生えにくい舗装でお庭全体を施工し、
草のお手入れを植栽スペースのみに限定する事で、
管理がしやすいローメンテナンスのお庭に仕上げました。

雑草対策の選択肢は他にもいくつかあり、詳しくは
「夏までに進めたいお庭の雑草対策の選択肢と選び方」
ご紹介しておりますのでこちらも併せてお読みいただき、
お客様のお住いにあった雑草対策をご検討頂ければと思います。
↓↓↓↓↓↓

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お庭のお手入れ自動見積シミュレーション

おすすめ商品

  1. 埋込型LEDライト
  2. エバーアートウッド
  3. エバーアートボード
  4. クラッシュガラス
  5. アンティークレンガ
  6. カクテルブロック
  7. エコアコールウッド
  8. タイルドライト

アーカイブ

ページ上部へ戻る