BLOG

ホワイトフェンスが目を引くガーデンリフォーム【雑誌掲載】

ブティック社から出版されている
【エクステリア&ガーデン2019春号】にエクスライフの施工例が掲載されました。

団地内にあるN様邸は、南面は勾配のある道路に面していて、
西側の住宅も一段下がっているため、とても日当たりの良い環境でした。

ガーデンリフォームに際してのN様のご要望は3つ。

1.車が増えるので既存の庭を改修して駐車スペースを増やしたい
2.ローメンテナンスのお庭にしたい。管理も年間でお願いする計画で設計して欲しい
3.夜が暗いので照明も計画して欲しい

駐車場を確保するにあたり、お庭と玄関、駐車場の空間のつながりを、
レベル(高さ)の設定に気をつけて設計しました。
目かくしフェンスの色は、既存のサッシやカーポートに使用されている
ホワイトを採用し、全体的な統一感を図りました。

また、リビングから外(道路)へ目線も考慮し、
植栽を活用したさりげない目隠しを行なっています。
緑(グリーン)も多く取り入れて、目隠しを兼用することで
プライベート感も感じられる空間をつくりました。

フェンスには、磨りガラス調のポリカーボネート材を一部に採用しており、
光をお庭に取り入れて、圧迫感を軽減する工夫を行いました。

アプローチ兼駐車場となるスペースは、極力段差をなくすよう
レベル(高さ)設定を行い、単調にならないよう土間コンクリートに
レンガのアクセントを入れたデザイン設計を行いました。

目隠しフェンスを使ってプライバシーを守ろうとすると、
圧迫感を感じやすくなる傾向がありますが、
ポリカーボネートパネルを入れたり緑をたくさん植栽することで、
その両方を活かせるお庭づくりが可能となります。

水栓柱は手洗いや水やりに便利な補助蛇口付きのものをセレクト。
カラーはN様が乗られているお車の赤色とコーディネートしつつ、
お庭のアクセントとにもなる赤色をご提案しました。

庭照明は、ガーデンポールライトを駐車場から玄関を結ぶ
ポイントに設置し、帰宅時も安心して歩行が可能になりました。
更に、オリーブを照らすアップライトも加わり、
夜は幻想的なプライベート空間として楽しむこともできます。

■雑誌掲載の施工例はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お庭のお手入れ自動見積シミュレーション

おすすめ商品

  1. タイルドライト
  2. カクテルブロック
  3. アンティークレンガ
  4. タンモクウッド
  5. エバーアートボード
  6. 埋込型LEDライト
  7. エバーアートウッド
  8. クラッシュガラス

アーカイブ

ページ上部へ戻る